ISO 2015年改訂 対応コンサル - Aoki企画

ISO 2015年改定 対応相談

貴社現況ヒアリング・改定への検討案

 ◆ 改定対応の前に流れを理解
 ◆ 貴社のビジョンに合う形を提案

相談は無料 ※ 半日。交通費は別途請求

※ 解説セミナーではありません

※ 対応コンサルは 別途お見積します

はじめに

ISO

2015年版 ISO9001・14001改定への移行期限も「あと1年」という感じになりましたね。

審査員としても移行審査を(相応の件数を)実施しました。

最近は 年50社程度(80日くらい)を主にリーダーで審査担当してますが、審査やコンサルで得た「アイディア・情報」を元に、改定の「面白さ」を紹介したいと思います。

顧客の信頼を得るマネジメント ~ 「自分で説明できる」ことが大事!

この改定は「従来の延長線と同時に、原点回帰」です...  組織の将来を担うポイント は?

▲ ページ・トップ

ISO 2015改定 対応例 : プロセスを「分かりやすく示す」のが重要!

組織で実際に機能している「プロセスの体系を俯瞰できる」ことが プロセス体系図の本当の役目 と考えますが、どの組織で審査しても「何とな~くプロセスを矢印で結んである、審査でしか使わない(審査でも使わない:笑)書類」に陥ってるケースが大半です...凹

▲ ページ・トップ

ISO 2015改定 対応例 : プロセス・アプローチ を 便利に使う

今回の改定で「管理責任者・マニュアル」への 上位一極 集中型管理 から「プロセス・アプローチ」という 適地適応 分散型管理 への強化が鮮明になりました。これは恐らく(別の特徴である)パフォーマンス重視と 対になった考え だと思われます。

ということで、せっかく 現地現物の軽装版 が許可された(?)のですから 使わない手は無い と考えました... その際に参考になるのは「TS16949 タートル図」なのですが もっと工夫してみたい と思いアレンジしたのが以下のシートです。

▲ ページ・トップ

ISO 2015改定 対応例 : 小企業なら 従来型で「簡便化」だけ実施

確かに「各プロセスへの管理分散」は面白い考え方ですが「現実的に出来るか?」と考えると 小さな組織は 集中型管理 のままになるだろうと(正直)考えています。

それにしても、せっかく マニュアルはいらない と言われてるのですから 規格のコピペは いい加減 止めましょう と言いたいです... いまどき「マニュアル記載が規格と違う文言だから、不適合」という審査員がいるのでしょうか...?

▲ ページ・トップ

2015改定 よもやま話 #04:マネジメント二極化; 勝ち組になれる?